いざという時に弁護士は心強い存在

update list

2018/07/26
事故後真っ先に連絡したい弁護士
2018/07/26
交通事故に備えをし過ぎるということはない
2018/07/26
交通事故後の対処がその後を左右する
2018/07/26
万が一に備えて覚えておきたい弁護士特約

保険会社は値切る!交通事故の保険支給で損をしないために弁護士を

交通事故と言えば、自動車同士、自動車や軽車両と人身とさまざまです。全て保険会社に任せていれば問題無いと思いがちです。しかし、交通事故の被害者となった場合、加害者側の保険会社は味方ではなく、敵になってしまいます。そもそも、保険会社は慈善事業ではなく、サービスを提供して利益を得ています。そのため、交通事故で支給する保険金を抑えようとあの手この手で交渉してきます。そこで、保険会社に対抗するため弁護士を活用するのがおすすめです。

弁護士なら自身の代理人となって交渉するだけでなく、保険会社が嫌がる過去の判例や賠償金や慰謝料の相場をリサーチして交渉します。法的かつ経験を基にした交渉となるため、保険金を値切ろうとしてくる保険会社がなかなか太刀打ちできません。弁護士費用は高いというイメージがあるものの、成功報酬に対する割合での対応となるため、本来受け取れなかった保険金の一部から支払うこともできます。また、あくまで成功報酬となるため失敗した際には支払うことがなくなるため、弁護士も利益を確保するため徹底した対応を行ってくれるため保険金の支払を不当に減額されてしまうこともなくなります。先ずは交通事故にあった際は自身で対応して保険会社から値切られないように弁護士の力を活用しましょう。

交通事故では落ち着いて行動しますが弁護士依頼も検討しよう

交通事故というものはある日突然、予期せぬときに起こりうるものです。不幸にも交通事故を起こしたり、巻き込まれたりしたら慌てず落ち着いて行動することがとても大切です。交通事故に遭ってしまうと大抵の場合は、慌ててしまうでしょう。しかし落ち着いて行動することで、事故の処理が素早く済んだり怪我をより軽くできたりするのです。そのためには、交通事故が起きたときに取るべき行動をメモしておくことも1つの方法かもしれません。

まず交通事故を起こしたら車を停める必要があります。そして負傷者がいることが分かれば、119番通報して救急車を呼びましょう。そして二次災害を防ぐために、事故車両を安全な場所へ移動させます。そして事故があったことを後続車に知らせるために、三角表示板や発煙筒を使いましょう。ところで交通事故を起こしてしまうと、当事者同士で示談することがありますがこれは良くありません。交通事故を起こした場合は、たとえ軽微なものであっても必ず警察に連絡しましょう。

ある程度事故の処理が済んだら、その後の手続きは弁護士に依頼するケースもあります。各都道府県には交通事故に強い弁護士が存在するので、その人達に依頼することをおすすめします。

choices article

交通事故に備えをし過ぎるということはない

交通事故に備えて対処法を心得ておこう 交通事故は、いつも突然降りかかってくるものです。可能なら避けたいものですが、中には避けきれない事態もありますよね。事故発生時の対処法を心得て…

事故後真っ先に連絡したい弁護士

交通事故にあったらまず弁護士に相談! 交通事故にあったとき、何を真っ先に考えますか?自分の体のこと、会社への連絡などは思いついても、加害者とどのように接するかという点については考…

万が一に備えて覚えておきたい弁護士特約

交通事故の時は弁護士に相談するのが大切! 交通事故にあったときはどのように対応すればよいのか迷ってしまいますよね。自分の怪我がどの程度で直るのか、自分が加入している保険には対応で…

交通事故後の対処がその後を左右する

交通事故を弁護士に依頼するメリットとデメリットとは 交通事故に遭った時、多くの人がわけがわからずとりあえず保険会社に電話するという選択をするでしょう。しかし、保険会社よりも弁護士…

TOP