交通事故後の対処がその後を左右する

update list

2018/07/26
事故後真っ先に連絡したい弁護士
2018/07/26
交通事故に備えをし過ぎるということはない
2018/07/26
交通事故後の対処がその後を左右する
2018/07/26
万が一に備えて覚えておきたい弁護士特約

交通事故を弁護士に依頼するメリットとデメリットとは

交通事故に遭った時、多くの人がわけがわからずとりあえず保険会社に電話するという選択をするでしょう。しかし、保険会社よりも弁護士に頼むほうがメリットがあるんです。事故の示談交渉は、相手が悪いのにこちらの納得する条件で折れてくれないと難航して何度も保険会社と連絡を取らないといけなくなり、被害者であるにも関わらず平日の仕事に影響することも多く、とても手間がかかってしまいます。弁護士に相談すれば、保険会社への対応も担ってくれるので負担がほとんどありません。その上、保険会社は自社が支出をするのをもちろん嫌がりますから、はじめに言われる慰謝料の額は適正な金額より少ないことがほとんどです。しかし、弁護士に頼めば保険会社とは違って法律に則った過去の裁判結果を元にした適正な額の慰謝料を請求することができるので、保険会社に提示される慰謝料の額よりも大幅に増やすことが可能です。

ただし、弁護士に依頼することにはデメリットも存在します。当然のことながら、弁護士に依頼するには弁護士費用がかかります。料金の相場は、着手金10~20万円と利益の1~2割、または着手金が無料で利益の2~3割となります。そして、弁護士に依頼すると言っても、交通事故に強い弁護士を知っている知り合いでもいない限り弁護士選びに手間がかかってしまいます。中には交通事故の分野を扱っていないこともあるのでしっかり確認しましょう。

交通事故の時にやってはいけない対応

交通事故に遭遇した時、多くの人が初めてであり、戸惑ってしまうことでしょう。その後を考えると心配で頭がいっばいになり、冷静な判断を欠いてしまいますよね。しかし、非常事態だからこそ、適切な対応方法をすることが大切です。交通事故が起きた時にやってはいけないことの一つ。それは、自分が過度に謝る、ということです。勿論、自分は全く悪くない、という横柄な態度は、相手にとって悪い印象を与えるので、してはなりません。ただ、こちらが過度に謝り続ければ、自分側に100%過失があったように、相手に思われてしまうのです。これでは示談になった時、自分が払わなくてはいけない金額が多くなってしまいます。客観的に見れば相手側にも非があった、という時には損をする結果になりますよね。相手側に与える心証もよく考えて行動するようにしましょう。

また、相手の氏名や住所も確認しなくてはなりません。その時は口頭ではなく、必ず運転免許証等を見せてもらって、お互いに身分を証明することが大切です。自分に優位に話を進めるためにも、いざという時は弁護士に依頼しましょう。事故問題に強い弁護士に相談することで、理不尽な不利益を被ることなく問題が解決できるので、覚えておきましょう。

choices article

事故後真っ先に連絡したい弁護士

交通事故にあったらまず弁護士に相談! 交通事故にあったとき、何を真っ先に考えますか?自分の体のこと、会社への連絡などは思いついても、加害者とどのように接するかという点については考…

交通事故に備えをし過ぎるということはない

交通事故に備えて対処法を心得ておこう 交通事故は、いつも突然降りかかってくるものです。可能なら避けたいものですが、中には避けきれない事態もありますよね。事故発生時の対処法を心得て…

交通事故後の対処がその後を左右する

交通事故を弁護士に依頼するメリットとデメリットとは 交通事故に遭った時、多くの人がわけがわからずとりあえず保険会社に電話するという選択をするでしょう。しかし、保険会社よりも弁護士…

万が一に備えて覚えておきたい弁護士特約

交通事故の時は弁護士に相談するのが大切! 交通事故にあったときはどのように対応すればよいのか迷ってしまいますよね。自分の怪我がどの程度で直るのか、自分が加入している保険には対応で…

TOP