交通事故に備えをし過ぎるということはない

update list

2018/07/26
事故後真っ先に連絡したい弁護士
2018/07/26
交通事故に備えをし過ぎるということはない
2018/07/26
交通事故後の対処がその後を左右する
2018/07/26
万が一に備えて覚えておきたい弁護士特約

交通事故に備えて対処法を心得ておこう

交通事故は、いつも突然降りかかってくるものです。可能なら避けたいものですが、中には避けきれない事態もありますよね。事故発生時の対処法を心得ておけば、冷静に対応でき、いずれ自分を助けることでしょう。交通事故が起きた時、大事にしたくないからと、警察を呼ばずに当事者同士で解決しようとする、というのは、決してしてはなりません。警察を呼ぶことは、事故発生時のドライバーとしての義務であり、行わなければ法律違反となってしまうのです。

また、警察を呼ばないと、「事故証明」がもらえません。これがないと、加入している保険会社に保険金を請求することができないので、結果的に自分が損してしまいます。事故が起きたら、人命救助の後にすぐに警察に連絡、というのは、頭にしっかりと入れておきましょう。交通事故の問題を早く解決させたい時は、弁護士に依頼するのがオススメです。中でも事故問題に強い弁護士に相談すれば、よりスムーズに話し合いが進むので、示談も望むような結果を得られます。「自分は気を付けているから大丈夫」という過信は、まさかの事態を起こしかねません。瞬時に適切な対応をするためにも、交通事故の対処法はよく覚えておきましょう。

交通事故の際は人命救助第一で行動しよう

交通事故が起きた時は、「今後どうしたらいいのか」と、つい気持ちが自分中心に傾きがちですよね。しかし、ドライバーとして、状況をよく見て、冷静に対応するのも大切なことです。交通事故が起きて、負傷者がいる場合、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。これは、車を運転する以上、当然の義務といえます。勿論、自分が事故を被った、「被害者」の立場でも同様です。中には加害者が負傷する場合もあるので、その際には自分が被害者側であっても、救護に務めることが大切です。
また、救急車が到着するまでの間に、適切な応急措置を行うのも、人命救助に繋がります。勿論、可能な限りでの対応とはなりますが、止血、AEDの使用等で症状を軽減できるように努め、状況によっては、周囲の人にサポートしてもらうようにしましょう。事故発生時に、真摯に対応すること、これは自分の評価が上がり、示談が優位に進むこととなります。示談金の額が大きくなるような重大な事故の場合、弁護士に依頼するといいでしょう。特に、事故問題に強い弁護士に相談すれば、状況を冷静に判断して、示談を自分の納得する結果に導いてくれます。交通事故の際は、後々の自分を助けると思い、冷静に行動しましょう。

choices article

万が一に備えて覚えておきたい弁護士特約

交通事故の時は弁護士に相談するのが大切! 交通事故にあったときはどのように対応すればよいのか迷ってしまいますよね。自分の怪我がどの程度で直るのか、自分が加入している保険には対応で…

交通事故後の対処がその後を左右する

交通事故を弁護士に依頼するメリットとデメリットとは 交通事故に遭った時、多くの人がわけがわからずとりあえず保険会社に電話するという選択をするでしょう。しかし、保険会社よりも弁護士…

事故後真っ先に連絡したい弁護士

交通事故にあったらまず弁護士に相談! 交通事故にあったとき、何を真っ先に考えますか?自分の体のこと、会社への連絡などは思いついても、加害者とどのように接するかという点については考…

交通事故に備えをし過ぎるということはない

交通事故に備えて対処法を心得ておこう 交通事故は、いつも突然降りかかってくるものです。可能なら避けたいものですが、中には避けきれない事態もありますよね。事故発生時の対処法を心得て…

TOP